4643

埼玉県 難病指定医 臨床調査個人票 ダウンロード

埼玉県 難病指定医 臨床調査個人票 ダウンロード

都道府県知事又は指定都市市長が指定した難病指定医のみが新規申請に添付する臨床調査個人票(診断書)を作成できます。 埼玉県(さいたま市を除く)の難病指定医は、難病指定医についてでご確認ください。〇診断又は治療に5年以上(医師法に規定する臨床研修の期間を含む)従事した経験を有し、臨床調査個人票を作成するのに必要な知識と技能を有し、都道府県が行う協力難病指定医の研修を修了した医師臨床調査個人票 様式ダウンロード. このページで提供している情報は、専門的な情報が含まれています。記入等に関しては医療機関でお願い致します。 印刷はa4版 でお願い致します。

・データベースに「臨床調査個人票」の記載内容を登録すること ・登録情報を指定難病に関する研究及び政策の立案のための基礎資料として利用すること なお、同意については任意であり、同意されない場合についても医療費助成の可否に影響を及ぼ(2) 臨床調査個人票(新規用) 新規申請に必要な臨床調査個人票を作成できるのは、都道府県の指定を受けた難病指定医だけです。 ※難病指定医は「難病指定医、協力難病指定医の公表について」のページをご確認ください。難病指定医・・・・・・・難病の医療費助成支給申請時(新規・更新時とも)必要な診断書を作成出来る医師。 協力難病指定医・・・難病の医療費助成支給更新申請時(沖縄県は毎年7月~9月)にのみ診断書を作成できる医師。

※指定難病の追加をするときは「難病指定医」が記載した臨床調査個人票が必要です。 住所、氏名、加入医療保険の変更があったとき 特定医療費(指定難病)支給認定変更届[pdf:259kb]

埼玉県 難病指定医 臨床調査個人票 ダウンロード download

臨床調査個人票(新規・更新) 「臨床調査個人票」は、難病指定医が記載したものを提出してください。 医療機関の名称及び所在地、医師の押印若しくは自署、指定医番号が記載してあることを確認してから提出してください。指定難病の概要、診断基準等、臨床調査個人票をご紹介しています。 医療費助成の相談・申請については、現在お住まいの都道府県の相談窓口(保健所等)にお問い合わせください。 平成27年1月1日施行の指定難病(告示番号1~110)① 特定医療費(指定難病)支給認定 申請書 ・受付窓口に設置又は県健康づくり推進課ホー ムページからダウンロード ② 臨床調査個人票 ・難病指定医が作成したもの ③ 世帯全員分の住民票 ・発行後3ヶ月以内のもの ※ ④ 市町村民税の課税状況が確認

埼玉県 難病指定医 臨床調査個人票 ダウンロード best

「難病指定医」・「協力難病指定医」研修会 難病指定医研修について 難病の患者に対する医療等に関する法律施行規則に規定する難病指定医及び協力難病指定医について,臨床調査個人票の作成のために必要な指定難病の診断及び治療に関する一般知識等を習得するための標記研修会を.平成27年1月1日以降,難病患者の方が特定医療費の支給認定申請を行う際には,都道府県知事の定める医師(「指定医」)が作成した臨床調査個人票(診断書)が必要となります。指定医以外の医師が作成した臨床調査個人票(診断書)は認められません。(注)2 岩手県では、難病指定医研修をWeb研修として実施しています。 難病指定医研修はこちらをご覧ください。 2 協力指定医(更新申請用の診断書(臨床調査個人票)のみを作成可能です。) 以下の5、6、7の要件を満たすこと